人にやさしい“くすり”を世界の人びとに

生産

医薬品の安定供給への取り組み

医薬品メーカーとして長年にわたり培ってきた、高い技術に裏付けられた生産・品質保証体制を構築しています。福島・熊本・北海道、3箇所の生産拠点の連携により、製品の安定供給と事業継続体制を整えています。

  • FUKUSHIMA工園

    FUKUSHIMA工園

  • 熊本工場

    熊本工場

  • 北海道工場

    北海道工場

高品質をしっかり支える、高度な製造設備と管理システム

高品質の医薬品を生産するために、高度な製造設備と製造管理システムや品質管理システムを導入しています。各工場の原料や資材の購買計画から生産計画、出荷状況、効率的な生産体制をサポートする基幹系業務システムを構築し、高品質の製品を安定供給するSCM(Supply Chain Management)体制を整えています。さらに、国際的なGMP基準に対応し、人為的なミスを防止するとともに、国際競争力のある高度な生産体制を実現しています。


※GMP(Good Manufacturing Practice):医薬品の製造管理及び品質管理に関する基準

受託生産

高度な品質管理体制と独自の技術を活かした受託生産事業を展開

国際基準の品質保証体制、高度な製造管理システム、独自の製造技術を応用した生産設備等を活用して、自社製品の製造のみならず、受託生産も積極的に展開しています。現在では、複数の大手医薬品メーカーから受託生産を請け負って実績を積み重ねています。また、受託いただいているお客さまの機密情報は、万全のセキュリティで管理する体制を整えています。

受託体制

受託可能な剤型
  • 錠剤(素錠、フィルムコーティング錠、有核錠、糖衣錠)
  • 顆粒剤
  • 経口ゼリー剤
受託可能な工程
  • 造粒(撹拌造粒、流動層造粒、押し出し造粒、乾式造粒)
  • 混合
  • 乾燥(流動層乾燥、棚式乾燥)
  • 打錠、有核打錠(弊社独自のOSDrC打錠機を保有しています)
  • フィルムコーティング
  • 糖衣コーティング
  • 包装(PTP包装、ボトル包装、スティック分包)

お問い合わせ