株式会社三和化学研究所 採用サイト
  • ナビメニューを開く
  • お問い合わせ
  • 新卒採用マイページログイン
ナビメニューを閉じる

先輩社員紹介

自分で時間をつくり、新しい仕事に挑戦。その前向きな姿勢を応援してくれる仲間がいる。

自分で時間をつくり、新しい仕事に挑戦。その前向きな姿勢を応援してくれる仲間がいる。FUKUSHIMA工園第3製造部製造3課1係2011年入社 猪俣 千春

FUKUSHIMA工園第3製造部製造3課1係
2011年入社
猪俣 千春

自分で時間をつくり、新しい仕事に挑戦。その前向きな姿勢を応援してくれる仲間がいる。FUKUSHIMA工園第3製造部製造1課3係2011年入社 猪俣 千春

入社前の工場見学で、その清潔さに驚いた。入社前の工場見学で、その清潔さに驚いた。

高校を卒業してすぐに就職したいと考えていましたが、事務系はあまり興味が持てなくて。そこでモノづくりという視点で探していたときに高校の先生に紹介してもらったのが三和化学研究所でした。福島県の高校に通っていたため、名前は知っていましたが、いざ入社試験前に工場見学をすると、そのキレイさにびっくり。「清潔」にとことんこだわり、何度もチリを払い、手を洗う。ただ、その工程の徹底さが重要だと知ったのは入社後でした。

自分の時間をつくり、新しい仕事にチャレンジ!自分の時間をつくり、新しい仕事にチャレンジ!

私の仕事は、生産工程における品質管理とトラブル対処。噛み砕くと、機械を調整して規定外の状態が起こらないようにすること、何かエラーが起こった際に早急に対処することです。品質管理において大切なことの一つが、入社前に驚いた清潔さです。容器詰めの工程で容器にチリが入るのを防ぐには、チリを生産ラインのある部屋に持ち込まないこと。原因をなくすための「清潔」だったのです。この高い意識を継続させるには、“患者さんのために仕事をしている”という気持ちが大切だと思います。
1年目は機械のオペレーティングをするだけで精一杯でしたが、2年目はレベルを保ちながら仕事の速度を上げることができ、自分のために使う時間ができるようになりました。その時間の使い方について上司に相談したら「通常業務プラスαのことに挑戦してみろ」と言っていただき、そこで考えたのが「新人向け研修マニュアルの作成」です。自分自身が感じた疑問点を反映させたマニュアルを使ってくれる新人が増えるといいですね。また、生産工程の改善にも取り組みました。目指すのは生産手順からの逸脱ゼロ。新しい目標が生まれました。

人を伸ばしてくれる研修体制と職場環境がある。人を伸ばしてくれる研修体制と職場環境がある。

三和化学研究所は、人を大切にし、人を伸ばすことに熱心な会社だと感じています。挑戦を促してくれる上司の存在も一つですし、入社後の徹底した研修、2年目以降の段階に合わせた研修も、自分を含め一人ひとりの社員を成長させることにつながっています。同期の仕事ぶりを見ていると、その成長に驚きます。
1年目は言われたことをするだけで大変でしたが、2年目以降の新しいことに挑戦できる環境は、仕事の楽しさを改めて感じさせてくれます。次々と新しいことにチャレンジし、自分も、三和化学研究所も、より良く変えていきたいと思います。

ある1日のスケジュール

  1. 6:00早番の日は前日からの引き継ぎをチェック。
    現状を把握して1日の生産に備えます。
  2. 6:30ラインの立ち上げ開始。
    ここで早く進められれば、自分の時間がつくれます。
  3. 9:00食事の時間。
    出勤前に朝ごはんは食べているので、感覚的には昼ごはん!?
  4. 10:3030分前から資材を投入、この時間から生産開始。
    ミスがないか緊張感のある時間です。
  5. 14:304時間の生産が終了。
    遅番の就業時刻が13:15からなので引き継ぎも兼ねています。
  6. 14:45早番の定時。
    遅番の場合は生産終了後に機械の清掃を行います。

採用フリーダイヤル0120-813-058