株式会社三和化学研究所 採用サイト
  • ナビメニューを開く
  • お問い合わせ
  • 新卒採用マイページログイン
ナビメニューを閉じる

先輩社員紹介

企業理念に共感して入社。
今は先輩方を目標に、仕事の幅を広げたい。

企業理念に共感して入社。今は先輩方を目標に、仕事の幅を広げたい。生産技術研究所工業化CMCグループ2014年入社 俵谷 優里

生産技術研究所工業化CMCグループ2014年入社
俵谷 優里

企業理念に共感して入社。今は先輩方を目標に、仕事の幅を広げたい。生産技術研究所工業化CMCグループ2014年入社 俵谷 優里

「人にやさしい“くすり”を世界の人びとに」という理念に共感。「人にやさしい“くすり”を世界の人びとに」という理念に共感。

大学院では、ドラッグデリバリーシステムに関する研究を行っていました。就職活動では研究職を探していたのですが、三和化学研究所の「人にやさしい“くすり”を世界の人びとに」という企業理念に共感。私自身が薬を飲むことがとても苦手だったこともあり、就職活動の中では「飲みやすい薬をつくりたい」という気持ちを一つの軸にしていたため、三和化学研究所の理念がその想いとぴったり一致したのです。「そのような製品をつくる会社の一員になって、研究開発の部署で開発された薬を、 高品質かつ安定的に生産できるようにすることで、人にやさしい薬を形にすることに関わりたい」と、生産技術研究を志望して入社しました。

優しくて温かい先輩の、丁寧な指導がありがたかった。優しくて温かい先輩の、丁寧な指導がありがたかった。

生産技術研究の仕事は、研究開発部門で開発された薬を、研究所の小さな実験機から大量生産に適した生産機へうつすことです。患者さんが安心して飲み続けられる薬をつくるために、有効成分が正しく入っているかなど品質上の確認や評価を行っています。錠剤や原料の品質試験でしっかり問題を洗い出し、それがより良い製品づくりに繋がった時は、自分がここにいる意味を強く実感しますね。入社前、生産技術研究に関する経験はまったくなかった私ですが、入社後には製剤のでき方や品質評価のしかたなどを学べる3ヵ月間の研修があり、配属後も先輩方がマンツーマンで丁寧に教えてくれました。分からないことがあっても、すぐに聞ける雰囲気も嬉しかったです。三和化学研究所の魅力は、優しくて温かい先輩方が多いところにもあると思います。

もっと力を伸ばして、国内外の仕事に携わっていきたい。もっと力を伸ばして、国内外の仕事に携わっていきたい。

2年目からは、試験をするだけでなく、試験計画を考える仕事も任されてきました。研究所、工場、本社の生産本部など、多くの部署の方々と協力して仕事するようになり、今までよりもっと深く、研究所で検討された内容などについて知っておくことが求められます。大変ではありますが、先輩の背中を見て「早くやりたい!」と思っていた仕事なので、今はとても楽しく充実した毎日。少しでも気になることがあれば、すぐに聞いて検証するなど、妥協しないようにしています。今は、一つひとつの製品の生産体制を確立することが一番の目標ですが、私も将来は先輩方のように、国内外の機械メーカーや原薬メーカー、錠剤メーカーを相手に、世界を飛び回るくらいの仕事がしたいと思っています。

ある1日のスケジュール

  1. 8:10少し早めに出社して、メールチェックやその日行うことの計画を立てます。
  2. 8:30朝礼で連絡事項を共有した後、
    前日の試験結果のまとめやこれから行う試験の書類を整えるなどデスクワークの時間です。
  3. 10:00試作をするための原料の物性測定を開始。
    1日がかりの試験で、午前中は下準備をします。
  4. 12:00別のグループの同期とランチ。
    全員県外出身なので、一緒に福島を観光したり、よく飲みに行ったり仲が良いです。
  5. 13:00試験を再開。
    1サンプルの測定に1時間かかり、今回は合計3時間。空き時間に書類作成も片付けます。
  6. 16:00研究所や工場と、生産移行の進め方についての会議。
    試作の結果などの情報共有や今後の進め方を話し合いました。
  7. 18:00帰るときは、サンプルを分析機器にかけてから帰宅し、
    翌日に結果をチェックします。

採用フリーダイヤル0120-813-058