株式会社三和化学研究所 採用サイト
  • ナビメニューを開く
  • お問い合わせ
  • 新卒採用マイページログイン
ナビメニューを閉じる

先輩社員紹介

人と関わり、進めていく仕事。
人間関係を構築しながら、喜びを共有できる。

人と関わり、進めていく仕事。人間関係を構築しながら、喜びを共有できる。臨床開発部モニターグループ2011年入社 山本 龍二

臨床開発部モニターグループ
2011年入社
山本 龍二

人と関わり、進めていく仕事。人間関係を構築しながら、喜びを共有できる。臨床開発部モニターグループ2011年入社 山本 龍二

自分が携わる仕事がしっかりと見える会社。自分が携わる仕事がしっかりと見える会社。

大学では薬学部に所属し、大学院へ進みました。就職を考えたとき、製薬会社で研究や開発に携わる先輩たちの話を聞き、自分も製薬会社での開発を志すように。そのなかで医療機関へ行き医師や看護師と対話をしながら、治験のマネジメントをするモニター職に魅力を感じました。三和化学研究所を選んだのは、風通しが良く社員同士仲が良いという社風と、若いうちから責任ある仕事を任せてもらえる環境で、自分を試したいと思ったから。業務の一部に携わるよりも、関わる仕事の全体がしっかりと見える方が、モチベーションがあがります。

信頼関係を築く大切さを学びました。信頼関係を築く大切さを学びました。

臨床開発部は治験を行う実働部分を担っています。新薬もあれば、既存の薬の新たな使用方法に関しての治験も行います。治験をお願いしたい医療機関を訪問し、協力していただくところからが私の仕事。その後は治験の詳細内容を決めていったり、患者さんに説明するための資料を作成したり、準備を整えます。そして治験が始まったのちは計画通りに進んでいるか、施設を頻繁に訪れ確認をしながら進めます。
入社前から、モニター職は医師との折衝が必要で、コミュニケーション力が大切だと聞いていましたが、まさにその通りでした。モニター職に就いて1年目のとき上司から言われた「give and give」という言葉は今でも忘れられません。治験を実際に進めてくださるのは、医師や、看護師の方たち。業務の忙しい中で、時には負担をかけるお願いをすることもある。だからこそ相手が求めることを考え抜き、真摯に向き合うことを繰り返して、少しずつでも信頼関係を構築していくことが大切だと日々感じています。

少人数だからこそ意見が尊重され、チャレンジができる。少人数だからこそ意見が尊重され、チャレンジができる。

現在、大学病院やクリニックなど、北は北海道から南は九州まで、各地の施設を担当させていただいています。そのなかでも特に重要なのは、医師へ治験に参加いただく患者さんの基準や治験のスケジュールを説明する段階。認識違いがないよう、しっかりと医師と協議しておかなければ治験がスムーズに進んでいきません。実は入社するまで、人と話すことが得意ではありませんでした。でもこのグループに入り、上司にもモニター職は普段から周りの人と話をたくさんすることが大切だと言われてきました。実際にそうすることで自分の足りない部分も多く見えてくるようになり、人と関わり仕事が進んでいくことで、喜びを共有しより大きな充実感を感じられるようになりました。
モニターグループの人数は多くはありませんが、組織として規模が大きくないからこそ、個人の意見が尊重され良い意見は取り入れられます。どんどんチャレンジしたい人に向いている会社だと思います。今後もたくさん話をして意見を出して、より良く変化していきたいですね。

ある1日のスケジュール

  1. 8:30出社後、出張の準備をします。
  2. 10:00出張先の東京に向けて出発します。
  3. 13:00施設へ到着。
    計画書に基づいて治験が行なわれているか、カルテを閲覧しながら確認。
  4. 17:00ドクターとの面談。
  5. 20:00再び移動して、そのまま自宅へ直帰する場合が多いです。

採用フリーダイヤル0120-813-058