株式会社三和化学研究所 採用サイト
  • ナビメニューを開く
  • お問い合わせ
  • 新卒採用マイページログイン
ナビメニューを閉じる

先輩社員紹介

仲間と議論して学ぶ刺激的な環境で
新薬の研究に携われる。

仲間と議論して学ぶ刺激的な環境で新薬の研究に携われる。探索研究所合成グループ2011年入社 酒井 啓太

探索研究所合成グループ2011年入社
酒井 啓太

仲間と議論して学ぶ刺激的な環境で新薬の研究に携われる。探索研究所合成グループ2011年入社 酒井 啓太

患者さんに寄り添って研究ができる会社。患者さんに寄り添って研究ができる会社。

薬学部にいた学生のときから、研究職を目指し、大学院へ進学しました。研究室では有機合成化学分野の遷移金属触媒について研究。友人の多くが薬の量産過程に関わる企業へ就職しましたが、私はゼロから薬を生み出す「創薬」に携われる三和化学研究所の研究職を志望しました。「糖尿病」という、長く付き合わなければいけない病気に特化した“くすり”なら、多くの患者さんの心に寄り添っていけるはず。今は、希望通り配属された探索研究所で、薬のもととなる化合物の合成の研究を行っています。

研究成果が世の中に出たときは本当に嬉しい。研究成果が世の中に出たときは本当に嬉しい。

職場には3つの研究所があります。私が所属する探索研究所は、中でもはじめに化合物を合成する場所。試行錯誤を繰り返して優れた化合物を創り出せたら、同じ敷地内の製薬研究所や製剤研究所で、安全性や薬効、薬物動態について検討し、最終的に薬になります。最初の合成から新薬の発売までにかかる年月は約10年。データを分析して、フラスコを振って、混ぜたり加熱したり。結果が出ず中止になるプロジェクトが圧倒的に多いので、シミュレーションと実験を何度も繰り返して創り出した化合物が薬効を示した時は本当に嬉しい。多くのメンバーと議論して、薬効評価や薬物動態など自分の分野外のこともたくさん教えてもらいながら、新しい薬を生み出していける充実した環境が、ここにはあります。

若くても責任ある仕事を任せてもらえる。若くても責任ある仕事を任せてもらえる。

入社5年目には、あるプロジェクトの合成チームのリーダーを任されました。若手にも活躍の場を与えてもらえるのは、この会社の良さ。実験の結果を検証して、次はどういうものを創っていくか。自分主体で動かなければいけない難しさはありますが、同時に、自分がプロジェクトを動かしている実感と充実感があります。また、それとは別に、リーダーとして後輩を育てていく責任もあります。私が5年目という早い段階でリーダーになれたのは、何事も丁寧に面倒を見てくれた先輩方のおかげ。だから後輩とも密にディスカッションして、なるべく多くのことを経験させてあげたいと思っています。

ある1日のスケジュール

  1. 8:30出社して、その日に行う実験で考えられる危険を同じグループの先輩と確認します。
  2. 9:00実験開始。
    化合物を合成するための反応を調べたり、後処理、精製、分析などを行います。
  3. 13:00ランチをはさんで、ミーティング。
    同じプロジェクトのメンバーに合成展開方針を提案し、ディスカッションします。
  4. 16:00再び実験。
    できた化合物は他のグループに提出し、薬理活性や代謝安定性などを測定してもらいます。
  5. 18:30今日の結果を振り返りながら、ノートにまとめて終了。
    夜間にかけて行う反応試験の準備をしてから帰ります。

採用フリーダイヤル0120-813-058