人にやさしい“くすり”を世界の人びとに

沿革

1953年
名古屋市中区に「(株)三和化学研究所」を創立。
代表取締役社長に鈴木謙三が就任。

「三和化学研究所」社名の由来」
三和化学研究所の創業者「鈴木謙三」の〈三〉と、座右の銘である「人の〈和〉」に由来し、謙虚な姿勢を表すため「三和化学研究所」としました。
1965年
循環障害改善剤「カルナクリン錠」発売。
1967年
「さんけん茶」の生産・販売を開始。
当初は三和の〈三〉と研究所の〈研〉から「三研茶」とネーミング。
1974年
熊本県宇土市に熊本工場を開設。
肝臓抽出製剤「アデラビン9号」発売。
1975年
本社新社屋が名古屋市東区に竣工。
1978年
ライフサイエンス映画「薬と人間」が科学技術庁長官賞を受賞。
1979年
脂質代謝・末梢循環改善剤「ペリシットカプセル」発売。
1981年
鈴木謙三記念「財団法人医科学応用研究財団」を設立。
1982年
北海道勇払郡穂別町に北海道工場を開設。
原料工場が稼動、カルナクリン原料生産開始。
1985年
三重県員弁郡北勢町に三重研究パーク三重研究所を開設。
福島県会津若松市に福島工場を開設。
1987年
持続型ループ利尿剤「ダイアート錠」発売。
1988年
液状濃厚流動食「サンエットA」発売。
1991年
小型血糖測定器「グルテストE」と専用電極「グルテストセンサー」発売。
とろみ調製食品「トロメリン」発売。
1992年
CI導入。
1994年
経皮吸収型・心疾患治療剤「バソレーターテープ」発売。
経口B型慢性肝炎治療剤「セロシオンカプセル10」発売。
2000年
高カリウム血症改善剤「アーガメイトゼリー」発売。
福島工場ISO9002認証を取得。
2001年
福島工場をFUKUSHIMA工園に改称。
2002年
「コンタクトセンター」を開設。
2003年
水溶性食物繊維「パインファイバー」発売。
webサイト「糖尿病ニコニコ学校」開設。
小型血糖測定器「グルテストNeo」と専用電極「グルテストNeoセンサー」発売。
創立50周年を迎える。創立50周年記念企画として、2001年ノーベル化学賞を受賞された野依良治博士をお招きした記念講演会を開催。
2004年
炭酸脱水酵素抑制剤「ダイアモックス」を承継。
2005年
採血用穿刺器具「ジェントレット」、専用採血針「ジェントレット針」発売。
2006年
糖尿病食後過血糖改善剤「セイブル錠」発売。
2007年
「カルナクリン錠」販売等に関する契約を海外製薬メーカーと締結。
小型血糖測定器「グルテストNeoスーパー」発売。
2008年
小型血糖測定器「グルテスト エブリ」発売。
国内・海外の製薬メーカーと糖尿病治療薬「SK-0403」のライセンス契約を締結。
2009年
OSDrC棟が三重研究パークに竣工。
国内製薬メーカーと高尿酸血症・痛風治療薬「FYX-051」のライセンス契約を締結。
2010年
株主割当増資20億円を実施。増資後の資本金21億108万8千円。
厚生労働省より、「次世代育成支援対策推進法」認定マーク(愛称:くるみん)を取得。
2011年
濃厚流動食「JuiciO(ジューシオ)ミニ」発売。
モンドセレクション最高金賞を受賞。
2012年
2型糖尿病治療剤「スイニー錠」発売。
2013年
創立60周年を迎える。
小型血糖測定器「グルテストNeoアルファ」発売。
高尿酸血症治療剤「ウリアデック錠」発売。
2014年
生産技術研究棟がFUKUSHIMA工園に竣工。

お問い合わせ